読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ADHDの妻と子供と時々パパの奮闘日記

自称ADHDの妻と家庭円満を追求するパパの奮闘記にしたいと考える抜け毛が気になるパパのブログ

社会は厳しい。げどな

どうもパパです。

 

最近は二世帯住宅、建売を収入から諦めたりとプライベーも精神的に落ちてます。

 

更に直近の仕事では、、

 

店長職のサポートなる立場がうちの会社ではあるのですが、3年前からその人間が異動になる際、業務を引き継ぎ上司からはすぐに役職をつけると言われ早3年。

 

入れ替えできた自分より年上の後輩と言う立場の社員と二人三脚でやってまいりましたが、この度見事にその後の後輩に当たる社員様が店長補佐の役職についたのです。

 

あまりの衝撃に普段顔に出さないパパさんもさすがにショックを隠せませんでした。

 

その昇格人事は現在の直近上司も知らされていなく突然のFAXにての通知。

 

すぐに上司に呼ばれ

 

社長にはまずパパから、その後にと話をしていたのに何故か入れ替わったとの事。

 

ですが、パパにとっては腐れ切ったこの会社の組織では年功序列が当たり前。と半ばキレ気味に納得。

 

いやそうじゃないと言われようとそうなんですよ。

 

○訓に誰にもできることを誰にもできないくらいやるとの○訓のもと、必死に名ばかり店長補佐の尻拭いをしながら営業、経理、店回しと奮闘していたのにこのざま、

 

オマケにトドメになったのは辞令発令の当日に上司の慌てふためきの末に社長より電話がかかってきてその電話を取った私に対し

 

これはこれは○○マネージャーパパさん。

 

って言われた一言。

 

マジでその場で

 

てめぇー殴るぞって言葉に気をつけろって

 

口の先まで出るところでした。

 

マジでお前社長から引きずり下ろすぞってなりましたよ。

 

1番ショック受けてる人間に対してそれを社長が言っちゃおしまいだろって。

 

もしかしたら直近の末にブログでパワハラの訴訟問題なる話をするかもしれません。

 

上にいる立場の人が口を滑らしてはいけませんよ。

 

いつまでも大人しい人間と思うなよって。

 

まあ先になった人間に対しては実際はその立場になるべき人間だからそれ自体は本当に良かったと思います。

 

ただそれを一人にした、社長に対してはそれなりの報いは受けてもらうつもりです。

 

泣き寝入りするほど私はお人好しではありません。

 

子供と妻を守る責任があります。

 

パパには。

 

店舗の運営管理を上司並みに一筋8年考えていた人間を年の若さから排除した人間を絶対許しません。実力ではなく年でしか判断しない人間、会社は、ぶっ潰して変えていきたい。

 

それができれば老人ホームみたいな家の会社に快く知り合いを引き込んで若返りができる。

 

年功序列なんてクソ喰らえ。

 

マイホームも昇進も潰された人間の雑草魂を舐めるなって言ってやる。

 

そんな決意の直近の意地と更なる仕事への熱意を再確認したパパでありました。